石垣・八重山つーしん

西表島にソーラー発電で自動駆動する「スマートコンポスト」が設置されてるみたい。3月22日まで設置予定

西表島にソーラー発電で自動駆動する生ごみ処理機「スマートコンポスト」が設置されているようです。

スマート-2401291
リリースより)


ソースはこちら↓

上記によると、 株式会社komhamがソーラー発電で自動駆動する「スマートコンポスト」の実証実験を開始したんだそう。離島が抱えている生ごみ処理の問題を解決するためだそうで、西表島の白浜地区に設置しているみたい。期間は1月30日〜3月22日まで。

「スマートコンポスト」とは(リリースより)↓
AC電源や排水処理を必要としないソーラー発電で自動駆動する独立型の生ごみ処理機です。

生ごみの高速処理が得意な微生物群「コムハム」がより安定して生ごみを分解できる環境をスマートコンポスト内に整えています。 また、管理者は、クラウドにアップロードされたデータから、生ごみ投入量やバッテリー残量など、利用情報を取得することができます
スマート-2401302
リリースより)

「スマートコンポスト」を利用することで、悪臭や害虫の発生を抑え、生ごみを堆肥化することができるんだとか。これからは西表島だけにとどまらず、各離島への導入も考えているんだそう。

ゴミの処理が大変な離島には「スマートコンポスト」が必要かもしれませんね。西表島に住んでいる方は利用してみては!

■関連リンク


 
ライター:ゴンちゃん ゴンちゃん